5歳児検診、受けてみた。

子どもの社会の中での立ち位置を垣間みて息子への愛おしさが増した気がする、kazenoyaです。 先日、自治体が実施する保育園での「5歳児発達相談」に参加しました。 自治体により「5歳児検診」「5歳児発達検診」「5歳児相談」などと呼ばれている、5歳〜…

アトピーと発達障害と腸内細菌の関係

読書にハマって、腸活にハマり、どんどん深みにハマっていく、kazenoyaです。 このところ、腸活関連の本を読みあさっています。 腸内細菌がアトピーや自閉症などにも関係しているというような内容もあって、驚いています。 女を40年も続けていると、「便秘し…

乳児湿疹・アトピー肌が改善した思い出の神アイテム

息子のゼロ歳代の写真が、ぬいぐるみのようで激可愛いと思っている、kazenoyaです。 テディベアのような赤ちゃん時代の息子 // ここのところちょっとヒマで、息子の赤ちゃん時代の写真を見返していたら、乳児湿疹がひどかった時期に「チュビファースト」とい…

簡単手作り「アドベントカレンダー」

お金と時間をあまりかけずに気分だけは思う存分満喫したい、kazenoyaです。 昨年から「アドベントカレンダー」を手作りしています。 // アドベントは、クリスマスを心待ちにする期間のことです。本来は、クリスマス直前の日曜日から前へ数えて4つ目の日曜日…

サンタクロースを信じる理由|わが家の場合

イベントごとは乗ったほうが勝ち!だと個人的に信じています、kazenoyaです。 先日、はてなブックマークを見ていたら「何のためにサンタクロースを子供に信じさせるのか」という増田(使い方はこれでいいのでしょうか?さんをつける必要は?)があって、なぜ…

5歳児とYouTube|13歳未満は見ちゃダメだったんだ!

情報過多な現代で子どもを育てることの難しさに直面しつつあります、kazenoyaです。 先日、小学生の保護者向けに企画されたネット、SNSから子どもを守るための講演会を聞く機会がありました。 その中で知ったのが「YouTubeKids」の存在です。 YouTubeとはほ…

息子が怖い絵本・第二弾『へいわってすてきだね』

あまりに怖がりな息子がちょっと心配です。kazenoyaです。 通っている図書館で「怖い絵本」によく出会う息子です。 kazenoya.hatenablog.com これは、本当に怖かったと思います…結構、トラウマ級。 こちらの絵本も、現在息子のトラウマになりつつあるようで…

ショッピングカートに脚をつっぱる赤子たち

自らのイヤイヤ期育児を振り返って、現在進行形なママさんたちにエールを贈りたくなった、kazenoyaです。 きょうはたまたま午前中に時間の決まった仕事がなく、朝一に買い物を済ませてしまおうと近所のスーパーへ。 昨日の買い忘れだけ購入し、さっさと店を…

5歳児にジェンダー感を植えようとするのは誰だ

息子の他愛ない言葉に、日々ニッポンの未来が不安になる、kazenoyaです。 息子が突然、「男の子は女の子に優しくしないとダメなんだよね?」と聞いてきました。驚いた〜。 誰がそんなことを言ったの?先生?やめてよ〜私の可愛い息子に変なジェンダー感覚を…

5歳クリスマスプレゼント・サンタさんへの要望

毎月いろいろなものが壊れるので、出費が量んでツラい、kazenoyaです。 ことしに入って突然の出費に見舞われることが日常化しています。大きいものでは洗濯機も壊れ、夫は車をこすり…ツラい。クリスマスという一大イベントが控えているというのに! 息子に「…

卵アレルギー検査結果★数値、かなり改善していました!

精神的・生活的にも、息子への接し方の転換期にさしかかっている!と自らを律する、kazenoyaです。 息子が年中になり、そろそろ冬を迎えようとするので「ちゃんとしたアレルギー検査を受けておこう!」と思い立ち先日、発達や目でお世話になっている小児科の…

息子がよく食べるので将来の食費が怖い

男子中学生のように飯をかっこむ息子を見ていると、将来のための食費貯金を始めた方がいいのか?本気で悩む、kazenoyaです。 「食べてくれない」心配をしなくていいことは、本当にありがたいことです。 子どもが「食べてくれない」心配は計り知れない // kaz…

腸内細菌と遅延型アレルギー

医療と医学の違いって何だろう?と哲学的な疑問にふける、kazenoyaです。 息子のアレルギー検査の結果はまだ先ですが、検査の際にお世話になった女医さんの言葉が脳内につっかかっていて、いろいろ考え続けています。 // 女医さん曰くは、遅延型の食物アレル…

やっとのことで100記事達成。

子どもの頃からの三日坊主の癖を、はてなブログで克服したのかもしれません。kazenoyaです。 「わぁ、ブログやっと100個書いたんだ」と思い、ブログの作成日を確認したら去年の7月28日でした。毎日ちゃんと更新する方はあっという間の100記事なのかもしれま…

腸活・菌活始めました!

最近復活した読書に感化され、腸活を始めました、kazenoyaです。 少し前に書きました。 kazenoya.hatenablog.com この本以降、腸活関連の本を読み続けています。 読んでいるのはこんな感じの本。非常に興味深いです。 脳はバカ、腸はかしこい 作者: 藤田紘一…

年少で抜け始めた乳歯。5歳、上の前歯も抜けました!

最近「何年生ですか?」としか聞かれない、盛大に乳歯の抜けた5歳児を育てています、kazenoyaです。 過去にもこんなブログを書いています。 kazenoya.hatenablog.com // この口でガタイも大きいので、ぱっと見、小学生にしか見られません。 ちなみに下の前…

【調節性内斜視】5歳、メガネを外すことが増えました

息子の遠視、本当に治るのか?近頃ちょっと不安な、kazenoyaです。 現在5歳の息子は、3歳前に調節性内斜視の診断を受けて眼鏡をかけています。 kazenoya.hatenablog.com 年に1度、車で1時間弱のところにある病院に通っているのですが、今回は1年を待た…

潰瘍性大腸炎・内視鏡検査で前日の夕食が!

計画性のない自分たちに若干イラつき気味の、kazenoyaです。 昨日は、潰瘍性大腸炎を煩う夫の大腸の内視鏡検査日でした。検査の日は前日から食事制限があることに、日曜日の朝になって気がつき、献立が総入れ替えになったのです。買い物が〜。食材が〜。絶対…

「大きい子」を育てる苦労だって、ある

心置きなく「大きい子苦労談義」をしてみたい、kazenoyaです。 先日、息子の通う保育園の1つ上のお兄さんのママさんと立ち話しする機会がありました。その子はその園で一番大きな子。たまに、園児服のサイズなどで聞きたいことがあるときなどに話しかけるこ…

保育園の位置づけ・文科省は働くママの味方じゃないのか?

子どものため!という名目で、強くも弱くもなれる、kazenoyaです。 息子、珍しく保育園を休んでいます。健康優良児のためほとんど発熱しず、お休み知らずの親孝行息子なのです。 今回も熱はなし。咳と鼻水があり、夜に呼吸がゼロゼロしはじめてよく寝られな…

読書感想「あなたの体は9割が細菌」

自分の読書を再開し、本の情報の面白さを再認識中の、kazenoyaです。 これまで自分用に作った、図書館の貸し出しカードを、息子の絵本を借りるために明け渡していたのですが、先日、息子用の貸し出しカードを作ったため、自分も本を借りられるようになりまし…

ブログってホント、すごい。

いろんな方のいろんなブログを読んで、いろいろ助けられている、kazenoyaです。 少し前に読者登録させていただいた、id:yumirizu さんが、こんな記事を書いていらっしゃいました。 yumirizu.hatenablog.com わが家のことかっ!ってほど、類似性たっぷりなご…

青唐辛子のヒリヒリには重層が一番効いた

久しぶりに調理でひどい目にあいました、kazenoyaです。 青唐辛子で火傷のようなヒリヒリ、痛み、熱さ。もうホント、散々でした。 息子の着替えや風呂入れもしてあげられません。ずっと冷水に手を浸し、ネットで調べて油やら牛乳やら試してみるも撃沈。 結果…

手入れいらず!鉄のフライパンはズボラ向き

もう、鉄のフライパンを手放せないなと思っている、kazenoyaです。 結婚したての頃、それまでずっと欲しかった鉄のフライパンを買いました。 買うまでは「うまく使いこなせるだろうか?」「管理しきれずにボロボロにしちゃうんじゃないか?」と不安だらけだ…

赤ちゃんの泣き声にイライラするからこそ、育てられる。

イライラすることって、そんなに悪いことでしょうか?kazenoyaです。 子育てブログなどを読んでいると、ママさんたちの「イライラする」ことへの罪悪感を感じること、多いです。 まぁ、私もイライラすることが多く、あんまりイライラしすぎるのもなぁ、と反…

歯を食いしばる癖、妊娠・出産後からな気がする

出産・育児というのは文字通り骨身を削る一大事業なのだと改めて実感する、kazenoyaです。 妊娠中に歯が痛くなって歯科へ行ったのを最後に、育児に追われて自分のための歯医者へ行かない5年間を過ごしました。(息子は連れて行っていたのにね) ですが、6…

焦った!焦った! Jアラート!

自分の肝の小ささに、これじゃぁ息子を救えないな…と落ち込んでいる、kazenoyaです。 今朝のJアラートは、信州住まいのわが家でも鳴った訳ですが、正直ビビりました。 なにせ初めてのこと。そのときは必死だったのですが…今考えると結構なさけない行動をとっ…

ADHDと自閉症の要素|息子の場合

言語化するということの大切さを身をもって知った、kazenoyaです。 息子、主治医がかわりました。元主治医の定年です。 金曜日の初顔合わせで、診断はつきませんでしたが、しっかりと「ADHDと自閉の両方の気質を持っている」という話を聞くことができました…

丁寧なコミュニケーション伝える子育て

息子が育つたびに自分自身の良くない部分が目につく、kazenoyaです。 とある登園風景。仲良しの友だちとじゃれ合う息子。 「ねぇねぇ!」「○#%*〜〜×!△#$!!!」 ふたりともが同時に一方通行なコミュニケーション。 息子が「話を聞いてよ!ちょっと僕…

「発達障害」と書かない理由

個人としっかり向き合っていきたいと考えている、kazenoyaです。 ブログタイトルの「通常の3倍男子」。 不思議とオタク心をくすぐるようなタイトルですが、息子は決して通常の3倍速い訳ではありません。 通常の3倍手がかかる=育てにくい=発達に偏りがあ…