発達

読書感想「あなたの体は9割が細菌」

自分の読書を再開し、本の情報の面白さを再認識中の、kazenoyaです。 これまで自分用に作った、図書館の貸し出しカードを、息子の絵本を借りるために明け渡していたのですが、先日、息子用の貸し出しカードを作ったため、自分も本を借りられるようになりまし…

ブログってホント、すごい。

いろんな方のいろんなブログを読んで、いろいろ助けられている、kazenoyaです。 少し前に読者登録させていただいた、id:yumirizu さんが、こんな記事を書いていらっしゃいました。 yumirizu.hatenablog.com わが家のことかっ!ってほど、類似性たっぷりなご…

ADHDと自閉症の要素|息子の場合

言語化するということの大切さを身をもって知った、kazenoyaです。 息子、主治医がかわりました。元主治医の定年です。 金曜日の初顔合わせで、診断はつきませんでしたが、しっかりと「ADHDと自閉の両方の気質を持っている」という話を聞くことができました…

大丈夫!息子は「引きこもり」で伸びるタイプ

長い長い夏休みを経た息子の成長に目を見張っている、kazenoyaです。 家族の夏休みの日程がズレていたために、9〜20日までと驚くほど長く休んでしまいました。その間、10・11日だけ、息子を母に預けて少しだけ仕事しましたが(来月の収入が不安です)。 本…

発達障害児育児はぜひ、地域の支援を頼って欲しい|体験談

いろんな人に関わってもらい、助けてもらいながらやっとこさ母業をこなしている、へたれ母のKazenoyaです。 5月の終わりから1か月に2度ほど、発達支援の体操教室に通っています。 kazenoya.hatenablog.com 通うとは言っても、園へお迎えが来て園に送り届け…

自閉っ子の脳って、例えるなら「スーパーコンピューター」

あまりにも家族中の性質が似ているため息子の診断がどうでもよく思えてきている、Kazenoyaです。 毎度表現がオリジナリティあふれすぎてるかも知れませんが、最近夫といろいろ話していて「自閉っ子やアスペちゃんって、スパコン(最近聞かない気がするワード…

夫婦も「ホウレンソウ」って大事かも

いつまでも夫婦仲良く!と将来を思い描いている、夫LOVEなkazenoyaです。 最近、子どもの発達障害を、旦那さんに理解してもらうのって大変だよねって記事を読みました。皆さん様々なアプローチで頑張っているようなので、kazenoya的考えを書こうかなぁ、と思…

発達支援の体操教室で大暴れ!母爆笑!

// 良くも悪くも周囲に影響されやすい「キョロキョロ系男子」を育てています、kazenoyaです。 先日、地域のNPOが行う運動遊び教室の見学に行って来ました。 自治体が児童発達支援事業としてやっているものです。 そのNPOは、放課後デイなどを兼ねてSSTなども…

どんな赤ちゃんも、ひとつのパーソナリティだよね

// 高齢出産で、未知の育児に翻弄された毎日も、そろそろ丸5年になろうとしています。 5年目にして思うのは、 “赤ちゃんは”とか“2歳児は”ってカテゴライズすると、分け分かんなくなっちゃうよね。ってこと。 息子は結構いろいろな意味で規格外なので…。 …

8度目のSSTで知った、頑張っていた息子の姿。

// 近頃、息子のネガティブ発言が気になっていた私。4歳になり、何かにつけ「どうせ仲間にいれてくれないんでしょ」「きっと出来ないからやらない」などと弱気発言が増えたことに、最初はとてもびっくりしていろいろ心配していました。担任の先生に「自分と…

名前を覚えるのが得意です。

// 息子にねだられ、週末は水族館へ行くことに。なぜか水族館好きの息子です。しかし!海なし県住まいのわが家。近くに水族館って案外無いんですよね〜。そこでGoogleさんにお聞きして、いろいろ検討した結果、上越水族博物館へ行って来ました。わが家からは…

拘束縦羽交い締め抱っこ

// 2歳のイヤイヤ期は、私にとって闇の記憶しかありません。本当にブラックな時代でした。闇すぎてもはや記憶喪失を起こしているんじゃないか?と思うほど思い出せない。 ですが、下の記事を読んでいたら、そんな時代の心の闇がふつふつと思い出されてきたの…

緊急イヤイヤ外来

// とても楽しく、タメになる記事を読みました。 www.yuasayo1013.com イヤイヤ期に知りたかった…と思いつつ、4歳の息子に使えるかも知れないゾ!と早速実践じてみることにしました。 わが家流にアレンジしてみた こちらを書いた方は、ロックなお父さんらし…

見えない敵と戦う

// 仕事の関係で保育園や幼稚園などによく行くのですが、そこで、ちょっと困ったことがありました。 集合写真を撮らなければならないのに、どうしても一人だけ、イヤイヤごねごねで…にっちもさっちもいきません。 後日出直すことにしてその日は帰りました。 …

ペアレントトレーニング

ペアレントトレーニングという言葉を知っているでしょうか? 発達障害の子の育て方がわかる! ペアレント・トレーニング (健康ライブラリー) 作者: 上林靖子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/12/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 1人 クリッ…

調節性内斜視と子どもの遠視

昨日は息子、眼科でした。家から車で1時間弱のところにある、小児科・産婦人科の総合病院的な?ところです。息子は、この病院に発達外来でもお世話になっています。 // 2歳で判明した「調節性内斜視」 1歳半ごろ、左の黒目が寄ることがあると気にし始めたの…

5度目のSST

// このところ、子育て&仕事の双方ともが多忙を極めております。 そんな中、昨日、5回目のSSTがありました。 感染症シーズンだからなのか4人中2人しか参加者がおらず、集中力のない輩にはちょうど良い人数だったようで、息子…とっても素敵に出来ました!…

登園拒否はなぜ起こる

// ゼロ歳児入園で6年保育予定の息子。年少にして、もうかれこれ3年半以上の園児キャリアがあるにもかかわらず、今でも定期的に登園拒否がやってきます。なぜ?朝からゴネられるのは心底疲れるし、出来れば気持ちよく園児ライフをエンジョイしてもらいたの…

4歳、スマホデビュー。

// これまであまり親のスマホも触らせてこなかった息子ですが、最近スマホデビューをさせました。お古のスマホをsimを抜いてロックを解除し、タブレットのようにWi-Fi環境のみで使わせるように設定し持たせています。 使わせるようになったきっかけは… 最初…

小集団のリハ(SST)3回目

// 先日3回目の小集団のリハがありました。(SSTと言うのですね。初めて知りました) 女子と2人きり。 感染症シーズン&師走ということで4人のうち2人がお休み。さみしいなぁと思っていましたが、女子好きな息子には天国のような時間だったようです(笑…

小集団のリハ

// 2歳4か月からOT(作業療法)を始め、3歳前にST(言語療法)も開始。でも、スタートした理由が「言葉が出ない」だったためか、年少クラスに上がる直前の3月に「改善が見られる」と両方とも打ち切られていたのです。←見捨てるな〜! でも、ことしの夏頃…

男の子を育てるには男性が必要

// ブログタイトルにある「通常の3倍」。 この3倍はうちの叔母の主観です。あくまでも。 タイトルの意味に触れてこなかったので、ここらでちょっと説明させていただきます。 息子は赤ちゃんのころからよく動きました。 思い返せば腹の中から。 隣で寝ていた…