読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小集団のリハ

 

2歳4か月からOT(作業療法)を始め、3歳前にST(言語療法)も開始。でも、スタートした理由が「言葉が出ない」だったためか、年少クラスに上がる直前の3月に「改善が見られる」と両方とも打ち切られていたのです。←見捨てるな〜!

でも、ことしの夏頃OTの先生から連絡があり小集団のリハが受けられる事に。11月に初回があり、昨日が2度目でした。初回は年中の男の子1人がお休みで、昨日は紅一点の女子年少がお休みでした。これでフルメンバーと顔合わせ済です。

初回は母子ともに緊張もあったし、女子が入っていた事もあって案外無事でしたが、昨日はもう、それはもう、ひどかった!(爆)

ゴソゴソ&スキンシッパー(人との距離が近い)&集中力がザンネンな男子が揃い…あとは想像にお任せします。さすがはプロというのか、プログラムはちゃんと進行しましたが。

椅子に座って30秒で上半身が崩れ始め、脚をモゾモゾ、ぴょんぴょんジャンプし始める子もいたり。車の音が聞こえると順番に立ち上がり全員が窓をノゾきに遠征。椅子の下に潜り込んでみたり、先生が話している最中に出し抜けにしゃべり出し…。まず、順番は待てないし…。保育園の他の子はしない。でも小集団の3人が同じ動き(笑)

これまで「まぁ年齢的にしかたない」とか「性格かな?」とか思っていた部分が、同じ特性の3男が揃った事で、ドンっと突きつけられた。もう、何かの特性だろうと思わざるを得ないでしょう。

でも、この3人をマッチングするあたり病院ってスゴイなぁと思いました。