産後のイライラと家族の危機を救った漢方薬

 

加味帰脾湯(かみきひとう)という漢方薬をここ1年ほど飲んでいます。イライラや不眠、自律神経症状に用いられる漢方で、産後イライラすることが多かった私ですが、なんとなく効いているような気がして飲み続けています。

 

産後、なぜだか旦那に本当にイライラすることが増えました。愛情はたっぷりあるはずなのですが…旦那のやることなすことが裏目に出る感じ。

 

寝かしつけ中の旦那の一挙手一投足が息子を起こしている気がする!

育児に疲れ果てて、早く帰ってきてほしい日に限ってなぜか帰りが遅い!

ちょっと預けて出かけた日に、なんで歯ブラシもさせてないわけ〜!?

 

てな感じです。

 

イライラそのものは、産後にはよくあることのようです。自分でも理解していて、以前のブログにも書きました。

kazenoya.hatenablog.com

 

この時のイライラって、ホルモンとか脳の萎縮とかのいろいろな原因はあっても、実際のことろはもっともっと単純で旦那への依存的な気持ちも含まれているような気がします。

「子どもを起こした」とか、「帰ってこない」という事実の裏に隠れているのは、「もっと(あなたの子どもを育てている)私をいたわってよ。ねぎらってよ!」という気持ち。

男の人にとっては「言ってくれなきゃ分からない」ことも「言わないでも気がついて!」と願うのが女なんだろうと…。だから、子どものことに頑張っているのは私だけなんじゃないだろうか?という孤独感も入り交じって悲しくなってしまうのだろうな。

 

本来、こんな些細なアウトプットは、ちょっとしたうっかりやその時の状況でいくらでも変わる訳です。旦那の思いやりとイコールになるわけじゃない!と割り切ることさえ出来ればイライラせずに済み家内安全。

でも、以前は「どうしても無理!イライラする!」となっていた。

 

加味帰脾湯でそこが改善された気がします。

加味帰脾湯には15種類の生薬が配合され、そのベースは六君子湯(りっくんしとう)という、虚弱気味な体質の人の消化器系によいとされる漢方薬です。食べても食べても、血にならず、東洋医学で言うところの「血虚」「気虚」などの虚症の人に向く処方だそうです。

 

私は妊娠する前にこの六君子湯を飲み急に体重が増えました。妊娠を機に飲まなくなっていたのですが、産後激やせし、体調がすぐれなくなった時に服用を再開。が、なんと薬疹が出てしまい、漢方医に相談しお薬が変わりました。

いろいろ考えすぎてしまい、血が足りなくなっている人に向く処方と言われたのですが、後で調べてみたら鬱やイライラに良いと知り「なるほど!」となったものです。

 産後うつ気味の私にはぴったりの薬だったということですね。

 

心が穏やかになってから旦那に聞いたことがあります。

 

旦那曰く「家に帰るのが恐かったことがある」そうで…。

 

ごめんなさい。

産後クライシスにならなくて本当によかった。